☆ 商品案内 ☆ 被覆ワイヤ緊張装置のトップへ戻る 新着情報

 

  ご使用方法


  【従来品の使用方法】


(1)現場の柱のスパン長さに合わせて、切断した被覆ワイヤの被覆を2ヶ所剥離する。

(2)ワイヤクリップを取り付ける。

(3)枠式ターンバックルにセットする。

(4)ターンバックルの枠を回転させて緊張させる。


ページのトップへ戻る

ツナロックのトップへ戻る


  【ツナロックの使用方法】

(1)ワイヤ差し込み口にワイヤを通す。

(2)ツナロックを取付用ピースに掛けて、通したワイヤの端を50cm以上引き出す。

(3)六角軸にラチェットレンチ(17mm)をセットし、巻側に回して緊張させる。

ドラムにワイヤが3巻以上巻き付いた状態にする。
(拡大図)

(4)取り付け完了。
張ったワイヤに安全帯を取り付けて作業を行ってください。


ページのトップへ戻る

 

 ●ツナロックの取り外し方

(1)六角軸にラチェットレンチ(17mm)をセットし、巻側に少し回す。


(2)左親指で爪を押し込んで、ラチェットレンチ(17mm)で戻し側へゆっくり回す。

  爪をラチェットレンチ等の工具で押し込まないこと。

(3)戻し終えたら、ワイヤを本体から引き抜く。

(4)ツナロックを取付用ピースから取り外す。



 
  特 長 ◎


上記のように、ツナロックは被覆ワイヤの被覆を現場で剥離せずに使用できます。
作業効率がアップ!
被覆ワイヤの疲労を低減できてコストダウン!




ページのトップへ戻る
 
ツナロックのトップへ戻る